福井県里山里海湖研究所

文字サイズ: 小 中 大  
里山里海湖の自然
  •  暦の上では6月11日が「入梅」ですが、今年の北陸地方の梅雨入りは6月7日ごろと発表されました。この季節の三方湖畔の草木や生き物の様子を紹介します。
    IMG_5998.jpg IMG_5999.jpg
        ガクアジサイと飛び回るクマバチ         アジサイ群落に咲いたシモツケの花

    IMG_5997.jpg IMG_5995.jpeg
        一片だけ開花したネムノキ          今年は個体数の少ないオオイトトンボ

    IMG_6001.jpg IMG_6000.jpg
       よく似ていますが、モンシロチョウとモンキチョウです。

           IMG_5996.jpg
                   ベニシジミ

    IMG_6002.jpg IMG_6003.jpg
               三方湖に広がり始めたヒシとヒシ刈り舟

     ヒシは湖の自然環境や漁業をはじめとする人の暮らしに良い影響も悪い影響ももたらすそうです。小型船舶に取り付けたワイヤーでヒシを刈り取り、ヒシの「低密度管理」を目指しています。
     
     
       

  •  5月も半ばを迎え、日中は暑さを感じる日も増えてきました。
     昼が長くなり気温も上がってきましたから、里山・里海湖の緑も日々深みを増していきます。

    IMG_5993.jpg IMG_5992.jpg
     三方湖に鰣川(はすがわ)が入り込むところに葦原があります。新緑がぐんぐん伸びて、枯れた茎葉が隠れていきます。化粧直しというところでしょうか。水田では、サギがえさ探しに励んでいます。

    IMG_5991.jpg IMG_5990.jpg
     湖畔ではクルミの花が赤く咲き出しています。アジサイの中には、小さいながらも花の形を整えながら成長しているものも。

     天気のよい日は、からりとした暑さ、吹く風も心地よいこの頃です。湖畔を散策するならこの季節もお勧めです。
         IMG_5994.JPG
       

  •  三方湖近辺の春景色(その2)、4月11日に撮ったものです。

     まずは、縄文ロマンパークに最も近い山の三角点へ登ってみました。標高99.7m、ほぼ100mあるとのことです。樹々の間からわずかに里の景色が垣間見えました。
      IMG_5880.jpg

     縄文ロマンパーク横の道路は新緑が始まったばかり。淡い緑が美しく、サクラもきれいです。
     IM_5879.jpg  IMG_5877.jpg

     ハス川と三方湖。それに続く年縞博物館も青空の下にスラリと長く伸びて、なかなかに美しい。
     IMG_5876.jpg  IMG_5878.jpg

     博物館の屋根越しに「三方観音」の桜も遠望できました。風は冷たいものの、目に映る多くのものに春の訪れを感じる三方湖近辺です。
      IMG_5875.jpg   
      
       

  •  新元号が「令和」と定められました。平成31年も残すところ二十日あまりとなりました。昭和は遠くなるばかりですね。 
     ところで、季節が廻ってきました。4月に入って桜が開花し、野に山に彩りを添えています。三方湖畔もキラキラと輝き始めたようです。
    タンポポ.jpg コブシ.jpg 
          タンポポです。                           コブシの花です。
          さくら.jpg 桜は二分咲き程度です。

    山桜.jpg アオサギ.jpg
       山桜が色を重ねています。                アオサギも舞っています。

     春景色美しい三方五湖へぜひ足を運んでみてください。小さな発見や感動がきっと得られると思います。あなたの心がリフレッシュできることをお約束します。
     

  •  県内の小中学校がそろそろ卒業式を迎える時期になりました。しかし、寒暖の変化が大きい3月になっています。今日3月9日(金)も荒れ模様の天候です。このような天候の日は、桟橋にカルガモたちが集まってきます。北風が沖から岸に向かってまともに吹きつけるのですが、それをものともせず桟橋の上でじっとしています。
    IMG_0397.jpg IMG_0396.jpg

     さて、来る3月21日(水)春分の日の主催事業のお知らせをいたします。
     「堆積物に刻まれる三方五湖の歴史」というタイトル名で、三方五湖調査研究成果報告会を開催します。開催日時、場所、内容等は以下のとおりです。古代から現在にまで至る三方五湖と人の活動とのつながりなど、興味深い内容となっていますので、ぜひご来場ください。
           IMG_0398.jpg

    ◆さとけんの生き物たち・・・今日はギンブナです 
            IMG_0399.jpg
     コイ目、コイ科、コイ亜科の淡水魚。マブナともよばれ、一般的にフナといえばキンブナとともにこのギンブナを指すことが多い。日本、台湾、朝鮮、中国に分布。成魚は15~20cm程度が大半の大きさ。止水、流れのゆるい河川に棲み、主に低層で活動する。(事典からの引用)
     さとけんのギンブナたちも水槽の底の方で暮らしています。 
      

       
                 
  •  弥生3月に入りました。寒い季節が終わろうとしていますが、さとけん近くでも雪による倒木が見られます。昨年は台風。今年は大雪と自然の力の大きさを思い知らされます。
    IMG_0384.jpg IMG_0388.jpg

     それでも3月に入って、日も長くなってきました。昨年から近くの縄文ロマンパークの整備工事が進められていますが、完成も近づいてきたようです。リニューアルオープンが待たれます。
         IMG_0385.jpg

     そして、水月湖の年縞展示施設の建築工事も進んでいます。遠くの山の稜線にはまだ雪が残っていますが、梅の便りもそろそろ聞こえてくるでしょう。
       IMG_0387.jpgIMG_0386.jpg
                 
  •  今日は2月22日(木)です。春が近づいてきたことを感じさせる晴天になったところへ、よいタイミングでテレビ局の取材がありました。取材クルーは、三方五湖の風景を撮影したり里山里海湖相談員に自然観察のポイントを尋ねたりして帰っていきました。
      IMG_0311.jpg   IMG_0304.JPG   

     さて、ほとんど雪も解けて歩きやすくなったので、さとけん近くの木々を見て回りました。すると、コブシの中にふくらんだ花芽を見ることができました。日差しも明るく日も長くなってきています。三寒四温といいますが、これからそんな日がしばらく続きそうです。
                IMG_0318.jpg  
               青空に コブシの花芽 背伸びして ・・・・・   

     ♪ 春よ来い 早く来い  歩き始めたみいちゃんが ・・・ の童謡を思い出すような季節になってきました。  
     
     
     
  •  今回の豪雪はようやく峠を越す気配ですが、嶺北中心に大きな被害をもたらしました。嶺南は嶺北ほどではありませんが、凍結や降雪による交通障害や農業被害等がありました。
     2月16日(金)、さとけんは朝から晴天に恵まれました。三方湖畔の雪解けが進み、水鳥たちの活発な様子を見ることができます。
    IMG_0278.jpg IMG_0282.jpg
     
     ところで、さとけんでは水槽でギンブナやアブラボテ、カワムツなどを飼っています。日中は暖房も効いているので魚たちにとっては過ごしやすいだろうなあと想像しますが、これは人間の勝手な思い込み。えさも与えられて体長も大きくなりましたが、きっと自然の環境の方がよいことでしょう。魚が話せたら何を言うのだろうと、彼らを見ていて思います。
    IMG_0285.jpg IMG_0286.jpg   

      
  •  2月6日、福井市で積雪100cmを超える大雪となりました。嶺南地方は30cm前後ですんでいるので、まだ有難いほうです。
     それでも三方湖畔の梅園の木々も白い衣装をまとい、寒そうな景色です。
    IMG_0201.jpg

     建設中の年縞展示施設でも、作業員の方々が除雪に追われていました。滑りやすい建築現場では、普段以上に気を張ることでしょう。無事故を祈りたいと思いました。
    IMG_0205.jpg IMG_0206.jpg  

     岸辺では昼過ぎには風も止んで、いつものようにカモやカワウなど水鳥が集まっていました。
    IMG_0212.jpg
     

     
  •  2月1日、如月になりましたが、今日は幸い穏やかな一日でした。
     小さくしか写っていませんが、写真の中ほどにカワセミが写っています。
      IMG_0160.jpg

     カモものんびりした感じに見えましたが、少し近づいただけでバタバタッと飛び立ってしまいました。さすがに周りの気配には敏感です。
    IMG_0162.jpg IMG_0171.jpg

     水の中を覗き込むと、ヒシの実がたくさん見られました。水の動きに合わせてゆらりゆらりとゆれていました。やがて暖かくなると、水中根を伸ばして湖面に葉を広げるものもあることでしょう。
    IMG_0170.jpg IMG_0176.jpg
     まだまだ水は冷たく、しばらくこんな景色が続きます。    

     

福井県里山里海湖研究所

福井県里山里海湖研究所

〒919-1331 福井県三方上中郡若狭町鳥浜122-12-1

電話:0770-45-3580(受付:8時30分~17時15分[土日祝・年末年始を除く])

FAX:0770-45-3680 Mail:satoyama@pref.fukui.lg.jp

このページの先頭へ

Copyright ©2015 - 2019 Fukui Prefectural Satoyama-Satoumi Research Institute. all rights reserved.