ふるさと福井の里山里海湖さとやまイメージ

マスク

モザイクアート

 
生き物の多様性
私たちの住む福井県には、森林、草地、水田、河川、湖沼、海岸など多様な自然がコンパクトにまとまって存在しており、それぞれの環境に適応した多様な生き物が生息しています。また、生き物の多様性は、人の暮らしと密接に関わりあっており、人が田畑や森を手入れすることで守られる生き物の生息環境も多く存在しています。
暮らしの多様性
私たちの暮らしは自然や生き物が作り出した多くの恵みによって支えられています。コシヒカリやへしこなどの食べ物、越前漆器や越前和紙などの伝統工芸など、自然の恵みを暮らしに生かす知恵や、自然を敬い、その恵みに感謝する伝統芸能や祭りなど、その土地ならではの暮らし方や生き方が各地で受け継がれています。
景観の多様性
生き物と人が共生する豊かな自然環境や、その土地ならではの元気な暮らしぶりが、地域にふさわしい表情として多様な景観に表れてきます。生き物の多様性と生活の多様性を受け継ぎ、守っていくことが、福井らしい景観の多様性を保全していくことにつながってきます。

バナーデータがありません。

現在のスクロール位置:

福井県里山里海湖研究所

福井県里山里海湖研究所

〒919-1331 福井県三方上中郡若狭町鳥浜122-31-1

電話:0770-45-3580(受付:8時30分~17時15分[年末年始を除く])

FAX:0770-45-3680 Mail:satoyama@pref.fukui.lg.jp

このページの先頭へ

Copyright ©2015 - 2018 Fukui Prefectural Satoyama-Satoumi Research Institute. all rights reserved.