福井県里山里海湖研究所

文字サイズ: 小 中 大  
研究所の活動
  • 研究所の活動

     福井の自然に触れ、親しみ、学ぶことのできる里山として、県内に33か所展開している福井ふるさと学びの森。
    その各運営団体が、11月25日(土)あわら市波松、北潟地域において一堂に会し、「福井ふるさと学びの森ネットワーク大会2017」が開催されました。
     北潟国有林のフィールドワーク、森のようちえん活動についてのワークショップ、チェーンソーの安全講習会など盛りだくさんの内容で、団体間の交流が深まりました。
     
     〇開催はこちら⇒ネットワーク大会 開催結果まとめ(PDF555KB)

     

  • 研究所の活動
     県の広報番組である「おはようふくいセブン」の撮影が行われました。
     今回の放送テーマは「花や緑あふれる生活を楽しもう」で、研究所からは学びの森(あわら市波松民有林)をご紹介しています。
     学びの森では、山遊びや生きもの観察、間伐体験など、里山に触れ親しみ学ぶことのできるイベントを実施しています。
     イベントの開催情報は、ホームページでお知らせします。
     緑豊かなフィールドに、ぜひ一度お越しください。
     http://satoyama.pref.fukui.lg.jp/feature/manabinomori

    ※「おはようふくいセブン」の放送は、6月25日(日)午前7時です

    _DSC6726.JPG

    _DSC6707.JPG
  • 研究所の活動

     福井の自然に触れ、親しみ、学ぶことのできる里山として、県内に33か所展開している「福井ふるさと学びの森」の各運営団体が、11月27日(日)六呂師高原(大野市)において一堂に会し、「福井ふるさと学びの森ネットワーク大会2016」が開催されました。
     今回のネットワーク大会では、それぞれの学びの森での活動が、より安全に運営され、参加者が安心して里山を訪れることができるよう、岐阜県立森林文化アカデミーから川尻秀樹副校長をお招きし、学びの森の1つであるハックルベリーの森(大野市南六呂師)などを会場として、安全活動講習会および意見交換会を実施いたしました。
     
     〇大会詳細はこちら⇒ネットワーク大会 開催結果まとめ(PDF)

     

  • 研究所の活動

     9月1日、県の広報番組である「ほっとふくい」の撮影が研究所で行われました。
     今回の放送テーマは「秋のおすすめお出かけスポット」ということで、研究所からは今年から始まった「三方湖畔生きもの観察ツアー」をご紹介しています。
     撮影では、トンボが飛び交うきれいな青空の下、ラプト君とレポーターの方に実際にツアーを体験いただきました。

     放送は、9月17日(土)午後5時からです。

     CIMG6220.JPG CIMG6221.JPG

    ☆三方湖畔生きもの観察ツアー
      研究所がある三方湖畔では、たくさんの自然の生きものに出会えます。
      一緒に秋の湖畔を歩いてみませんか。
      生きものに詳しいスタッフが野鳥や植物、昆虫についてガイドします。
      ・日 時  毎週木・土・日曜日および祝日 10:30~ /13:30~
      ・コース  30分→研究所前からはす川河口まで往復
              60分→研究所前から縄文ロマンパークまで往復
      ・参加費 50円(保険料)
      ・申込みは不要です。時間までに研究所にお集まりください(事前予約できます)。
      ・荒天時など、都合により中止する場合があります。
     生きもの観察ツアー_秋_a4.jpg

  • 研究所の活動

     今井林野庁長官が平成28年6月10日(金)に里山里海湖研究所に来所されました。
     三方湖を見学後、県が水月湖でボーリングして得られた水月湖年縞の実物展示を見ていただきました。
     その後、
    里山里海湖研究所の事業概要について説明を受けられました。

       P6101613.jpg  P61016.jpg
       三方湖、
    水月湖年縞をご覧いただきました。

     

  • 研究所の活動
    今年度も、三方小学校において「里の学校」を実施しました。

    「里の学校」は、ふるさと福井の里山里海湖資源を活用して、研究員等が授業を行うものです。

    今年度実施した主な内容は次のとおりです。
    ・「水月湖の年縞」講義
    ・「水月湖の年縞」フィールドワーク
    ・「身近な水草」講義・演習
    ・「ゆりかご田」での生きもの調査
    ・福井ふるさと学びの森での「里山整備体験」    など

    これらを受けて、6年生には「里山里海湖ジュニア検定」を実施し、このほど「里山里海湖ジュニアマスター」の認定証を交付しました。

    これからも、里山里海湖についての理解を深め、大切にしようとする気持ちを育んで欲しいと思います。
    ●「里の学校」についてはコチラ⇒「里の学校」について(PDF201KB)

    ●「里山里海湖ジュニア検定」についてはコチラ

    ●「里山里海湖ジュニアマスター認定」についてはコチラ
     
  • 研究所の活動

     丸川珠代環境大臣、井上信治環境副大臣が平成27年12月27日(日)に里山里海湖研究所を訪れ、水月湖年縞をご覧になりました。

     当研究所の概要等を説明後、立命館大学の中川教授から年縞の説明を行い、県が昨年度、水月湖でボーリングして得られた水月湖年縞の実物展示をじっくりと見ていただきました。

      中川教授は、「実は水月湖は日本国内よりも世界的に知られた湖である。水月湖の年縞の中にある植物などを放射性炭素年代測定することによって、水月湖の縞々1枚1枚が世界中の年代決定に使える。現在、水月湖の約5万年分の時間の定義を全世界の研究者が使っている。まさに地質年代にとってのグリニッジ天文台である。今後は気候変動の本質も探る研究にも使っていきたい。」と説明されました。
     

    DSC_0013_8.jpg
    IMGP2804.jpg
    中川教授から水月湖年縞の説明を受ける丸川大臣、井上副大臣  年縞(実物)もご覧いただきました

     

  • 研究所の活動
     小浜藩の江戸屋敷が東京神楽坂にあった縁で、福井の魅力を紹介し交流するイベント「ドーンと福井in神楽坂 越前・若狭まつり」が毎年神楽坂で開催されています。(チラシはこちら PDF:3.43MB

     今年は11月22~23日にこのイベントが開催され、里山里海湖研究所も「水月湖年縞展示」と「里山クラフト体験」のコーナーを出展しました。

     「水月湖年縞展示」は、去年は解説パネルやDVDで紹介するコーナーを設けましたが、今年は水月湖年縞の実物展示物を展示し、年縞のシマシマを実際に見てもらいました。

     来場された方達は、水月湖の年縞がいくつもの奇跡的な環境が重なってできたということや、全世界で年代測定の「ものさし」として使われるようになったことに大変驚いていました。

     「里山クラフト体験」は、「どんぐりアート」や「松ぼっくりアート」の工作体験をしていただきました。
     お子さん、親子、外国の方など、ワイワイと工作体験を楽しみ、出来上がった作品はおみやげとして持ち帰っていただきました。

     
    テント外観DSC_0638_1.jpg
    イベント開始直前のブースの様子
    年縞見学者DSC_0685_HP用.jpg
    解説パネルやDVDで年縞のことを知ってもらいます
    年縞現物見学者DSC_0675_HP用.jpg
    年縞のシマシマを数えています
     
    クラフトにぎやかDSC_0664_1.JPG
    クラフト体験はお子さんに人気でした
    クラフト大人DSC_0658_1.JPG
    難しい工作はお父さんの出番です
     
    クラフト外国の女の子DSC_0662_HPyou.jpg
    可愛いどんぐりアートににっこり
     
  • 研究所の活動
    若狭地域の5つの体験施設が連携して開催したイベント「わくわく体験塾~若狭の自然で宝探し~」の中で、里山里海湖研究所の体験として、参加者に里山の恵み工作体験に挑戦していただきました。
    〇イベント名称:平成27年度若狭地区近隣五施設連携事業
            若狭の海湖山(うみやま)から「体験の風をおこそう」運動推進事業
            わくわく体験塾~若狭の自然で宝探し~
    〇主催:福井県立若狭歴史博物館、国立若狭湾青少年自然の家、福井県海浜自然センター、
         福井県三方青年の家、若狭三方縄文博物館、福井県里山里海湖研究所
    〇期日:平成27年10月10日(土)~12日(月祝)
    〇参加者:小学校4年生~中学校2年生 27名
     
    里山里海湖研究所が担当する体験コーナーは三方青年の家で行いました。
    10月11日(日)の夕食前の約1時間(17:00~18:00)です。
    今回は、里山の恵み工作体験として「カッコー笛づくり」に挑戦していただきました。
    2日間の自然体験でみんな疲れているかなと思っていましたが、いざ作り始めてみるとみんな熱中して、何とかきれいな音がでるポイントを探すのに悪戦苦闘!「ピーピーピー」ときれいな音が出た時にはみんなとても嬉しそうな表情をしていました!よいお土産になったでしょうか?
     
    作り方説明中 いい音色が出せるかな?
    里山里海湖研究所では、今回のカッコー笛を含め、里山の自然素材を使った工作体験がいつでもできます(もちろん無料です)
    ぜひ、遊びにお越しください!
  • 研究所の活動
    9月27日(日)越前市村国山で行われたイベント「そうだ!村国山に行こう!」に行事協力しました。
    今年で5回目となるこのイベントは、村国山の随所に設営された13のアトラクションを楽しみながら約3.5㎞のハイキングコースを歩くイベントで、山の斜面の高低差を利用した空中ブランコなどダイナミックなアスレチックが人気を呼んでいます。

    P1030912.JPG
    このイベントの中で、研究所は「親子であそぼうネイチャーウォーキング」コーナーに協力しました。村国山を散策しながら、草花あそびや自然観察を楽しんでもらう予定だったのですが、いざ始めてみると、シラカシの葉を巻いて作る草笛が大人気。次々訪れるお客さまに草笛の作り方を教えていたら、山を散策する時間がなくなってしまいました。
    草笛は簡単には鳴ってくれないところが面白く、またその音色が美しいところが魅力です。「スー、スー」としか鳴ってくれない草笛が、「ピー!」とよい音を立てて鳴ったときの、キラリと光るこども達の目に、こちらも思わず笑顔になった一日でした。
     
    P1030892.JPG

福井県里山里海湖研究所

福井県里山里海湖研究所

〒919-1331 福井県三方上中郡若狭町鳥浜122-31-1

電話:0770-45-3580(受付:8時30分~17時15分[年末年始を除く])

FAX:0770-45-3680 Mail:satoyama@pref.fukui.lg.jp

このページの先頭へ

Copyright ©2015 - 2018 Fukui Prefectural Satoyama-Satoumi Research Institute. all rights reserved.