福井県里山里海湖研究所

文字サイズ: 小 中 大  
イベント情報
里山保全を考えるシンポジウム

おおい町の里山文化交流センターで開催されたNPO法人「森んこ」さん主催の「薪のある暮らしと里山の保全を考えるシンポジウム」に参加しました。
 基調講演では、森林総合研究所関西支所の奥敬一主任研究員より、里山を保全していくのに必要な資源利用として、薪の活用に様々な人たちが一体となって取り組んでいる県外の事例が紹介されました。
 パネルディスカッションでは、里山の保全に取り組む活動者の方や、薪ストーブの利用者の方などから、若狭の森の現状や、薪ストーブ利用の実体験などが話され、間伐後の利活用が課題となっている針葉樹の薪ストーブへの利用の可能性など、今まで知らなかった薪ストーブの実情を知る貴重な機会となりました。
 また、森んこの萩原代表からは、嶺南地区での間伐材の薪利用を推進する「里山薪プロジェクト」について、現状の取り組みなどの紹介もありました。
 当所の進士五十八所長も、研究所の開所記念講演会において、参加した中学生たちを前に、「キャンプファイヤーなどで、炎を見つめてジーンとくる感動を味わってほしい。自然に感動することを通じて、知性だけでなく感性を育んでほしい。」と話されました。
 里山の恵みを有効に活用して保全に結び付けるとともに、自然と人の暮らしを結び付け感性を育むこうした取り組みについて、研究所としても応援していくとともに、自ら実践活動に取り組んでいきたいと考えています。
 

1214satoyamahozen1.jpg 1214satoyamahozen2.jpg

福井県里山里海湖研究所

福井県里山里海湖研究所

〒919-1331 福井県三方上中郡若狭町鳥浜122-12-1

電話:0770-45-3580(受付:8時30分~17時15分[土日祝・年末年始を除く])

FAX:0770-45-3680 Mail:satoyama@pref.fukui.lg.jp

このページの先頭へ

Copyright ©2015 - 2018 Fukui Prefectural Satoyama-Satoumi Research Institute. all rights reserved.