福井県里山里海湖研究所

文字サイズ: 小 中 大  
「宇波西(うわせ)神社例祭」(8日)を取材してきました。
0409uwasejinjya1.jpg 0409uwasejinjya2.jpg
0409uwasejinjya3.jpg 0409uwasejinjya4.jpg

 昨日は好天に恵まれ、神社の境内は多くの見物客で賑わっていました。神社に奉納された「王の舞」は豊漁・豊作を願う勇壮な舞で、室町時代から続いているという伝統ある神事です。
 舞の後半部分で、「雀踊り」といってピョンピョン跳ねるような動作があります。これは、米をついばむ雀を表現しているそうで、豊作を祈願する意味があるようです。王の舞を演じる「天狗」の衣装が大変立派なもので、頭につけた鳥兜は、まさに舞楽を演じる人のようです。
 また「舞い手を倒すと豊漁・豊作になる」という言い伝えがあるらしく、舞い手を倒すべく押しかけた人を警護役が押し戻す場面もあり、大いに盛り上がりました。

 


福井県里山里海湖研究所

福井県里山里海湖研究所

〒919-1331 福井県三方上中郡若狭町鳥浜122-12-1

電話:0770-45-3580(受付:8時30分~17時15分[土日祝・年末年始を除く])

FAX:0770-45-3680 Mail:satoyama@pref.fukui.lg.jp

このページの先頭へ

Copyright ©2015 - 2018 Fukui Prefectural Satoyama-Satoumi Research Institute. all rights reserved.