福井の生き物情報

福井の生き物情報

Photo

ロウバイ

第一候:東風解凍(はるかぜこおりをとく) 2月4日~2月7日

中国原産の落葉低木。1月から2月頃、直径約2cmほどの黄色い花をつけ、強い芳香があります。

詳細を見る調査マップを見る投稿する

調査期間 2月4日~3月18日

Photo

シカの角

第六十五候:麋角解(さわしかつのおる) 12月26日~12月30日

麋(さわしか)とは、大型のシカの一種で、一般的にはヘラジカやオオジカのことといわれます。雄の角は春に生え始め、冬になると脱落します。

詳細を見る調査マップを見る投稿する

調査期間 12月27日~2月7日

Photo

ムギの芽

第六十六候:雪下出麦(ゆきわたりてむぎのびる) 12月31日~1月4日

この時期、あたりは一面の雪景色となっていますが、厚い雪の下ではムギが芽吹いているころです。

詳細を見る調査マップを見る投稿する

調査期間 1月1日~2月12日

Photo

セリ

第六十七候:芹乃栄(せりすなわちさかう) 1月5日~1月9日

春の七草のひとつ。独特の香りがあり、春先に若い茎や根をおひたしや七草がゆにします。有毒なドクゼリと区別が必要。

詳細を見る調査マップを見る投稿する

調査期間 1月5日~2月16日

Photo

ヒメオドリコソウ

第六十八候:水泉動(しみずあたたかをふくむ) 1月10日~1月14日

花の形を踊っている人に見立ててこの名前がついています。茎が四角形になっています。

詳細を見る調査マップを見る投稿する

調査期間 1月10日~2月21日

Photo

キジ

第六十九候:雉始雊(きじはじめてなく) 1月15日~1月19日

留鳥として全国に分布し、1947年に国鳥に指定されています。キジの仲間のオスは色鮮やかで美しい尾羽をもっているものが多くいます。

詳細を見る調査マップを見る投稿する

調査期間 1月15日~2月26日

Photo

フキノトウ

第七十候:款冬華(ふきのはなさく) 1月20日~1月24日

フキノトウの正体はフキの花です。フキは「冬黄(ふゆき)」の略と言われ、冬に黄色い花をつけることからその名がついたとされています。

詳細を見る調査マップを見る投稿する

調査期間 1月20日~3月3日

Photo

メジロ

第七十一候:水沢腹堅(さわみずこおりつめる) 1月25日~1月29日

繁殖を終えたメジロは、秋になると群れをつくって暖地に移動し始めます。人里にも現れ、ツバキやサザンカなどの花蜜を好んで食べます。

詳細を見る調査マップを見る投稿する

調査期間 1月25日~3月8日

Photo

オジロワシ

第七十二候:鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく) 1月30日~2月3日

冬鳥として、少数が三方五湖や九頭竜湖などに飛来します。天然記念物 絶滅危惧種に指定されています。

詳細を見る調査マップを見る投稿する

調査期間 1月30日~3月13日


福井県里山里海湖研究所

福井県里山里海湖研究所

〒919-1331 福井県三方上中郡若狭町鳥浜122-12-1

電話:0770-45-3580(受付:8時30分~17時15分[土日祝・年末年始を除く])

FAX:0770-45-3680 Mail:satoyama@pref.fukui.lg.jp

このページの先頭へ

Copyright ©2015 - 2023 Fukui Prefectural Satoyama-Satoumi Research Institute. all rights reserved.


福井県里山里海湖研究所

〒919-1331
福井県三方上中郡若狭町鳥浜122-12-1

電話:0770-45-3580
(受付:8時30分~17時15分[土日祝・年末年始を除く])

FAX:0770-45-3680

Mail:satoyama@pref.fukui.lg.jp

このページの先頭へ

Copyright ©2015 - 2023 Fukui Prefectural Satoyama-Satoumi Research Institute. all rights reserved.