福井の生きもの歳時記

今日は平成31年01月24日(木)です

今日の暦

今日の暦

二十四節気

大寒(だいかん)

1月20日

一年で最も寒さが厳しくなるころです。この時期にあえて武道などの稽古を行うことを「寒稽古」といいます。

七十二候

款冬華(ふきのはなさく)

1月20日~1月24日 第七十候

雪の下からふきのとうが顔を出すころ。待ちに待った春の訪れを象徴する植物です。

二十四節気・七十二候とは?歳時記カレンダーを見る

季節の移り変わりを敏感に感じてみませんか

季節の移り変わりを敏感に感じてみませんか

 古くから日本の暦にも用いられている二十四節気や七十二候。節気の間隔が一定で半月ごとの季節変化に対応できるので、天候に左右される農業の目安として大変便利なものでした。季節を知るよりどころでもあったため、天候や生き物を表す名前がつけられ、今でも年中行事や事項の挨拶など色々なシーンで使われています。
 そこで、季節の移り変わりを的確に表している二十四節気や七十二候、雑節、五節句に出てくる生き物や風物詩を、実際に見たり、聞いたり、体験したりしてみませんか。それにより、きっと季節の移ろいを敏感に感じられるようになり、ふるさとの自然を慈しむことができるようになるはずです。
 日常会話にそうした季節の話題が自然と出てくる生活を県民の皆様と共働で作り出していきたいと考えています。

見つけた生き物の情報を投稿しよう

見つけた生き物の情報を投稿しよう

 家のまわりで、通勤通学途中で、買い物の途中で、散歩中に、行楽地に出かけて、観察会に出かけて・・・など、普段の生活の中で目にした季節の生きものの情報を投稿してください。
 昨日まで気づかなかったもの、待ち望んでいたもの、家族で探しに行ったものなど様々な情報をみんなで持ち寄ることで、より福井の自然環境に魅力を感じ、より心豊かな生活を送れるものと考えています。
 まずは、自然に目を向けてみましょう。きっと新しい発見があるはずです。それをみんなで共有することから始めてみましょう。

投稿する

投稿手順はこちら

投稿してくれた方にはこんな特典が!

歳時記の生き物を調査

現在調査中の生き物

Photo

サケ

第六十三候:鮭魚群(さけのうおむらがる) 12月17日~12月21日

この時期、産卵のために河川をさかのぼります。普段は銀色ですが、河川では赤、黄、緑のまだら模様になり、オスは上あごが下あごにかぶさるようになります。

詳細を見る調査マップを見る投稿する

調査期間 12月17日~1月28日

Photo

ウツボグサ

第六十四候:乃東生(なつかれくさしょうず) 12月22日~12月25日

花の形が矢を入れる入れ物「うつぼ」に似ているところから名づけられました。あらゆる草木が枯れていくこの季節に、ウツボグサは芽吹き始めます。

詳細を見る調査マップを見る投稿する

調査期間 12月22日~2月2日

Photo

シカの角

第六十五候:麋角解(さわしかつのおる) 12月26日~12月30日

麋(さわしか)とは、大型のシカの一種で、一般的にはヘラジカやオオジカのことといわれます。雄の角は春に生え始め、冬になると脱落します。

詳細を見る調査マップを見る投稿する

調査期間 12月27日~2月7日

Photo

ムギの芽

第六十六候:雪下出麦(ゆきわたりてむぎのびる) 12月31日~1月4日

この時期、あたりは一面の雪景色となっていますが、厚い雪の下ではムギが芽吹いているころです。

詳細を見る調査マップを見る投稿する

調査期間 1月1日~2月12日

Photo

セリ

第六十七候:芹乃栄(せりすなわちさかう) 1月5日~1月9日

春の七草のひとつ。独特の香りがあり、春先に若い茎や根をおひたしや七草がゆにします。有毒なドクゼリと区別が必要。

詳細を見る調査マップを見る投稿する

調査期間 1月5日~2月16日

Photo

ヒメオドリコソウ

第六十八候:水泉動(しみずあたたかをふくむ) 1月10日~1月14日

花の形を踊っている人に見立ててこの名前がついています。茎が四角形になっています。

詳細を見る調査マップを見る投稿する

調査期間 1月10日~2月21日

Photo

キジ

第六十九候:雉始雊(きじはじめてなく) 1月15日~1月19日

留鳥として全国に分布し、1947年に国鳥に指定されています。キジの仲間のオスは色鮮やかで美しい尾羽をもっているものが多くいます。

詳細を見る調査マップを見る投稿する

調査期間 1月15日~2月26日

Photo

フキノトウ

第七十候:款冬華(ふきのはなさく) 1月20日~1月24日

フキノトウの正体はフキの花です。フキは「冬黄(ふゆき)」の略と言われ、冬に黄色い花をつけることからその名がついたとされています。

詳細を見る調査マップを見る投稿する

調査期間 1月20日~3月3日

自由に生き物を調査

家の周りや出掛けた先で見つけた生き物を自由に投稿しよう。
中には、絶滅のおそれがある希少な生き物が見つかって、
福井の生き物を調べるための貴重なデータとなるかもしれません。
生き物の名前が分からなくても大丈夫です。
投稿いただいた写真等をもとに里山里海湖研究所で、名前を調べます。
生き物の種類は問いませんので、幅広い情報の投稿をお待ちしています。
※生き物の名前の特定には1週間程度時間を要します。
また、写真の鮮明度や角度などにより、名前を特定できないこともありますので、ご了承ください。

投稿する


福井県里山里海湖研究所

福井県里山里海湖研究所

〒919-1331 福井県三方上中郡若狭町鳥浜122-12-1

電話:0770-45-3580(受付:8時30分~17時15分[土日祝・年末年始を除く])

FAX:0770-45-3680 Mail:satoyama@pref.fukui.lg.jp

このページの先頭へ

Copyright ©2015 - 2019 Fukui Prefectural Satoyama-Satoumi Research Institute. all rights reserved.


福井県里山里海湖研究所

〒919-1331
福井県三方上中郡若狭町鳥浜122-12-1

電話:0770-45-3580
(受付:8時30分~17時15分[土日祝・年末年始を除く])

FAX:0770-45-3680

Mail:satoyama@pref.fukui.lg.jp

このページの先頭へ

Copyright ©2015 - 2019 Fukui Prefectural Satoyama-Satoumi Research Institute. all rights reserved.