福井県里山里海湖研究所

文字サイズ: 小 中 大  
三方湖の野鳥
オオジュリン
3B2A3518.JPG
2017.1.8 オオジュリン 水辺のヤナギやハンノキの灌木やヨシ原は多くの
生き物が冬越しをする場所を提供しています。
このオオジュリンだけでなく、エナガ・シジュウカラ・アオジ・
ウグイス・ホオジロ・シジュウカラなどが枝や枯れた茎の間を餌となる
昆虫を探して盛んに動き回っています。
三方五湖の周囲のヤナギやハンノキの灌木やヨシ原は「里山里海湖」の
自然再生の重要な「鍵」となっています。
 出現種:マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ヨシガモ、
オナガガモ、ヒドリガモ、ホシハジロ、ホオジロガモ、キンクロハジロ、
ミコアイサ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カイツブリ、
カワウ、セグロカモメ、アオサギ、オオバン、バン、ミサゴ、トビ、
オジロワシ、ハヤブサ、ハシボソガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、
ジョウビタキ、ツグミ、ウグイス、スズメ、ハクセキレイ、
セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、アオジ、オオジュリン
(冬水田んぼ)オオハクチョウ、コハクチョウ

福井県里山里海湖研究所

福井県里山里海湖研究所

〒919-1331 福井県三方上中郡若狭町鳥浜122-12-1

電話:0770-45-3580(受付:8時30分~17時15分[土日祝・年末年始を除く])

FAX:0770-45-3680 Mail:satoyama@pref.fukui.lg.jp

このページの先頭へ

Copyright ©2015 - 2020 Fukui Prefectural Satoyama-Satoumi Research Institute. all rights reserved.