福井県里山里海湖研究所

文字サイズ: 小 中 大  
三方湖の野鳥
カモ、オオバン
3B2A2196.JPG
9月14日 ヨシの根元に流れ着いた太い木の幹にカルガモとオオバンが
乗っています。オオバンの足指は平たく「弁足(べんそく)」といいます。
オオバンの足元の水面にはキンクロハジロがいます。
この幹の上はいつもは「ミシシッピアカミミガメ」が陣取っています。
研究所横の縄文ロマンパークでは「キィコキィー」と鳴きながら
渡り途中の「イカル」が群れで飛び回っていました。
出現鳥種はカルガモ、ハシビロガモ、コガモ、キンクロハジロ、
アオサギ、ダイサギ、アマサギ、ゴイサギ、カワウ、オオバン、
カイツブリ、トビ、ミサゴ、キジバト、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、
イソヒヨドリ、コゲラ、イカル、ヤマガラ、ヒヨドリ、スズメ、ツバメ

福井県里山里海湖研究所

福井県里山里海湖研究所

〒919-1331 福井県三方上中郡若狭町鳥浜122-12-1

電話:0770-45-3580(受付:8時30分~17時15分[土日祝・年末年始を除く])

FAX:0770-45-3680 Mail:satoyama@pref.fukui.lg.jp

このページの先頭へ

Copyright ©2015 - 2020 Fukui Prefectural Satoyama-Satoumi Research Institute. all rights reserved.