福井県里山里海湖研究所

文字サイズ: 小 中 大  
10月22日(日)開催【明日の例大祭を考える実践講座】
例大祭の将来を考えるために参考となる実践的な講座を開催します!
 
日時:2017年10月22日(日)13:30~15:00(13時開場)
場所:なびあす(美浜町生涯学習センター)コミュニティルーム
   参加無料・申し込み不要

20171022front.jpg
チラシ(PDF282KB)
 
概要
福井県里山里海湖研究所は、「明日の例大祭を考える会議」と共同で、2015年から、彌美神社例大祭(美浜町)を軸とした伝統文化継承と地域振興に関する活動を行ってきました。主な活動に毎年なびあすで開催している「例大祭を考える」シリーズがあります。これまで二回開催しました。
 
第一回目:明日の例大祭を考える若者会議(2015年11月29日、於なびあす)
第二回目:明日の例大祭を考える意見交換会(2016年12月11日、於なびあす)
 
第一回目は「小学校」に、二回目は「地域」に焦点をあてて話し合いました。例大祭の将来についての地域の意識も年々高まりつつあります。
これらを受けて第三回目は「明日の例大祭を考える実践講座」とし、視点を外に開いてゆきます。彌美神社例大祭に30年以上も通い続ける民俗学者の橋本裕之先生を総合司会とし、県内の先進的な祭り運営に関わる方々を講師として迎え、実践的に例大祭の将来について学び話し合う場にしたいと思います。みなさまのご参加をお待ちしています。

講師
・高早恵美:敦賀市立博物館学芸員「夷子大黒綱引きの事例」
・垣東敏博:若狭歴史博物館副館長「放生祭の事例」
・森本 哲:美浜中央小学校長「祭礼学習の事例」
・山田正行:日向神楽保存会長「長畝日向神楽の事例」  

主催:明日の例大祭を考える会議、福井県里山里海湖研究所
後援:美浜町、美浜町教育委員会

問い合わせ先
☎0770-45-3580 FAX0770-45-3680(福井県里山里海湖研究所・中村)

福井県里山里海湖研究所

福井県里山里海湖研究所

〒919-1331 福井県三方上中郡若狭町鳥浜122-31-1

電話:0770-45-3580(受付:8時30分~17時15分[年末年始を除く])

FAX:0770-45-3680 Mail:satoyama@pref.fukui.lg.jp

このページの先頭へ

Copyright ©2015 - 2017 Fukui Prefectural Satoyama-Satoumi Research Institute. all rights reserved.