福井県里山里海湖研究所

文字サイズ: 小 中 大  
森里海湖連環の視点から福井県の水生動物を保全するための研究に取り組みます。
宮本 康 (みやもと やすし)
プロフィール
職名 研究員
分野 森里海湖連環
職歴 京都大学生態学研究センター 学術振興会特別研究員(2000-2002)
名古屋大学情報文化学部 非常勤講師(2002-2003)
島根大学汽水域研究センター 研究機関研究員/研究員(2002-2006)
鳥取県衛生環境研究所 特別研究員/上席研究員(2006-2016)
福井県里山里海湖研究所 研究員(2016-)
学位 博士(水産学)(北海道大学 2000)
専門 個体群生態学、群集生態学、汽水域の生態学

 

ひとこと

 淡水と海水が出会う汽水域の環境は森里海湖の連環を常に反映しています。こうした汽水域の環境とそこに棲む生き物の関係を明らかにすることが私の研究テーマです。
 この10年間は、里海湖である汽水域の貝類の保全と再生のための研究を主に行ってきました。環境問題が深刻化した昭和40年代以降、かつての豊かな里海湖を象徴した貝類が激減しました。その結果、地域の食文化が失われ、地域住民による里海湖の利活用が著しく減りました。こうした貝類を地元の方々との共動で守ることがこれまでの私の仕事でした。
 福井県では貝類のほか、魚類をはじめとする水生動物にも目を向け、広い視野で森里海湖の連環を守るための研究を行い、成果を里山里海湖の保全・再生に取り組む人々の活動に還元していきたいと思います。


福井県里山里海湖研究所

福井県里山里海湖研究所

〒919-1331 福井県三方上中郡若狭町鳥浜122-12-1

電話:0770-45-3580(受付:8時30分~17時15分[土日祝・年末年始を除く])

FAX:0770-45-3680 Mail:satoyama@pref.fukui.lg.jp

このページの先頭へ

Copyright ©2015 - 2018 Fukui Prefectural Satoyama-Satoumi Research Institute. all rights reserved.