福井県里山里海湖研究所

文字サイズ: 小 中 大  
昔の人間と自然の関係を土の中の花粉を通して研究します。
(H26.4~H30.3在籍)
北川 淳子 (きたがわ じゅんこ)
プロフィール
職名 主任研究員
分野 環境考古
職歴

国際日本文化研究センタープロジェクト研究員(2009-2014)
 立命館大学非常勤講師(2002-2014)
 福井県里山里海湖研究所 研究員(2014-)

学位 理学修士(静岡大学 1990)
 Master of Science(グエルフ大学 1993)
 博士(学術)(総合研究大学院大学 2004)
専門 環境考古学、花粉分析、民族植物学

 

ひとこと

 環境考古学は、昔の環境を自然遺物をもとに調べていくもので、これまでは日本の湖の土や考古学的遺跡の土から花粉を取り出し、過去の周辺植生や、人間の植物の利用状況などを復元していました。青森県の三内丸山遺跡や亀ヶ岡遺跡などの花粉分析をして、クリやトチノキの利用と気候の関係を調べたり、木曽ヒノキや秋田スギの人間の森林伐採の歴史を、また、年縞堆積物を利用して、最近の植生変化と気候の関連を調べてきています。
 これらの経験を生かして、三方五湖や北潟湖、主に水月湖の年縞堆積物の花粉分析をすることで、福井県の過去の人々と植物の関わりをしらべ、福井県の歴史書の1ページに結果を記すことを目指します。


福井県里山里海湖研究所

福井県里山里海湖研究所

〒919-1331 福井県三方上中郡若狭町鳥浜122-31-1

電話:0770-45-3580(受付:8時30分~17時15分[年末年始を除く])

FAX:0770-45-3680 Mail:satoyama@pref.fukui.lg.jp

このページの先頭へ

Copyright ©2015 - 2018 Fukui Prefectural Satoyama-Satoumi Research Institute. all rights reserved.