福井県里山里海湖研究所

文字サイズ: 小 中 大  
里山里海湖で育まれた文化を研究し、これからの活用につなげる活動をします。
樋口 潤一 (ひぐち じゅんいち)
プロフィール
職名 研究員
分野 里地里山文化
職歴 武蔵野美術大学非常勤講師 等
福井県里山里海湖研究所 研究員(2019.4-)
学歴 武蔵野美術大学造形学部建築学科
専門 民俗学(有形民俗資料)

 

ひとこと

 いまの生活は、勤め先があって給料をもらって、稼いだお金を使って暮らすというのが一般的です。その生活の中では里山などの自然は非日常の場です。ところが昭和の初めごろまでは、里山里海湖こそが生活の中心にあったのです。そこでは焚き木などの燃料を拾い、落ち葉は堆肥にし、山菜やキノコや魚などの採集、子供の遊び場など、絶えず出入りし自然の恵みを享受してきました。物質的にも精神的にも豊かな恵みを受けていたのです。いま生活の変化で離れてしまった里山里海湖ですが、もう一度見直せばそこには多くの資源があるはずです。里山里海湖で育った生活文化を見直し、活用しながら次の世代に引き継ぐ活動を目指します。


福井県里山里海湖研究所

福井県里山里海湖研究所

〒919-1331 福井県三方上中郡若狭町鳥浜122-12-1

電話:0770-45-3580(受付:8時30分~17時15分[土日祝・年末年始を除く])

FAX:0770-45-3680 Mail:satoyama@pref.fukui.lg.jp

このページの先頭へ

Copyright ©2015 - 2020 Fukui Prefectural Satoyama-Satoumi Research Institute. all rights reserved.