福井県里山里海湖研究所

文字サイズ: 小 中 大  

2017 ふくいまる里フォーラム

fukui_sato_forum.jpg
 ふくいまる里フォーラムポスター(805 kb)
 (『プログラム&発表要旨集』1.74 MB

 ★★ フォーラムは、終了しました ★★
 ご参加いただきまして、ありがとうございました。
 フォーラムで話し合われた内容などについては、後ほど、このウェ
  ブサイト上で報告します。


福井県では、里山里海湖を対象とした、様々な分野とテーマの「実践」と「研究」が行われています。これらの取組みについて知り、みんなで自由に情報交換するための発表会と交流会を開催します。 一緒に、「ふくいの里(まるさと)」について考えましょう!

日 時:平成29年 3月 25日(土) 13:00~17:00 (12:30開場)
会 場:福井県繊協ビル8階・会議室803号室(定員50名)
プログラム (『プログラム&発表要旨集』1.74 MB
【発表会】
 13:00~ 話題提供「福井県の里山里海湖の自然と文化」

  『福井県内の淡水魚類 ~2016福井県レッドデータブックの改訂~』
    ○田原大輔(福井県立大学海洋生物資源学部)
  『福井県三方五湖周辺、ハス川流域における生物多様性の分布と
   浸水ハザードの関係』
    ○内田圭・篠原直登・笠田実・吉田丈人(東京大学大学院 総合
                                                                                 文化研究科)
  『福井の生物文化多様性の特徴と魅力:北潟湖の里湖文化』
    ○中村亮(福井県里山里海湖研究所)
 15:00~ 活動報告「いろいろな里山里海湖の実践と研究」 
  『環境保全と里山づくり』
    ○河田勝治(あわらの自然を愛する会・会長)
  『アゼオトギリ保全活動から考える:坂井平野の水と人と生きもの
   のこれから』
    ○吉岡俊人・水口亜樹(福井県立大学生物資源学部)
  『豊かな自然を未来の子どもたちに』
    ○野村みゆき(越前市エコビレッジ交流センター・指導員)
  『高校生が始めた海の環境活動は今… ~小浜湾のさとうみ活動~』
    ○西野ひかる(一般社団法人うみから・代表理事)
 16:15 意見交換「これからの取組み ―未来のふくいの里(まるさと)に向けて―」
 17:00 フォーラム終了


【交流会】
 17:30~19:30


発表会  参加費 無料
交流会  参加費 4000円(お申し込み受付後に詳細連絡いたします)
会場案内  福井県繊協ビル 
      〒910-0005 福井県福井市大手3丁目7―1
      Tel.0776-22-1411
      JR福井駅より徒歩7分 /周辺に駐車場有り(有料


”県内外のNPOなどの団体、市民や研究者の皆様の参加を
 募集します!”

 申し込み方法
   1.活動報告する発表者(4名まで)を募集します!
           締め切り 平成29年2月24日(金)
          →★ 活動報告者の募集は終了いたしました。
             ご応募ありがとうございました。

    ・発表時間15分、質疑応答含む
    ・発表方法は、パワーポイントまたは配布資料を用いて口頭説明

   2.発表会の参加:当日参加可(定員50名)。
   3.交流会の参加:締め切り 平成29年3月10日(金)
          →★ 交流会の参加の申し込みは締め切りました。
            お申し込みありがとうございました。

   事前のお申し込みにご協力ください。
   発表会と交流会ともに、お名前・ご所属・ご連絡先・参加人数を
     お知らせください。

 申し込み・お問い合わせ先
  福井県里山里海湖研究所
 〒919-1331 福井県三方上中郡若狭町鳥浜 122-31-1
  電話:0770-45-3580 FAX:0770-45-3680
  Email:
satoyama@pref.fukui.lg.jp

 主催:福井県里山里海湖研究所、福井県立大学
 協力:越前市エコビレッジ交流センター


福井県里山里海湖研究所

福井県里山里海湖研究所

〒919-1331 福井県三方上中郡若狭町鳥浜122-12-1

電話:0770-45-3580(受付:8時30分~17時15分[土日祝・年末年始を除く])

FAX:0770-45-3680 Mail:satoyama@pref.fukui.lg.jp

このページの先頭へ

Copyright ©2015 - 2018 Fukui Prefectural Satoyama-Satoumi Research Institute. all rights reserved.