福井県里山里海湖研究所

文字サイズ: 小 中 大  
里山里海湖研究所の所員が、日々体験したこと、感じたことを綴っていくブログです。
  •  5月1日(火)、大型連休の谷間ですが、三方五湖にも青空が広がりました。少し汗ばむような陽気です。新緑から青葉へと、さとけんの周りの景色も日に日に夏色になってきました。

     さて、7万年の時をかけて積み重なったシマシマに、歴史の謎を解く鍵が秘められていると注目される「水月湖の年縞」。その年縞の展示説明を主目的に建設されているのが「年縞博物館」です。いよいよその全容が見てとれるような段階に入ってきました。

    IMG_博物館全景.jpg IMG_カフェの辺り.jpg
     歴史の長さをイメージさせてくれるように長く伸びる展示棟。その展示棟の最も湖に近いスペースは、カフェになる予定です。年縞について知っていただいた後、周りの景色を眺めながらゆったりくつろいでいただけるのではないかと思います。
    IMG_展示棟.jpg IMG_展示棟と研究棟.jpg 
     中央部は高床で風が吹き抜けていくようなつくりです。写真右の三角屋根の建物は研究棟です。どれも三角屋根が目を引きますね。
    IMG_案内板.jpg IMG_案内板拡大.jpg 
     こちらは案内看板です。縄文ロマンパークとよばれる緑豊かな三方湖畔の一角に「福井県年縞博物館」が配置されています。この夏完成し、9月に開館する予定です。三方湖のキラキラ光る波間や川面に水鳥たちの生き生きとした姿も見ることができます。
     三方五湖スマートインターからほんの数分で駐車場に着けます。

     みなさんのお越しをお待ちしています。
     
              
  • 三方湖の野鳥
    20180418三方湖渡去前のつぐみ.JPG

    2018年4月19日 渡去前のツグミ
    そろそろ繁殖のために北の方に帰るツグミたちが、田んぼや公園などで落ち葉をひっくり返したり、草の根元を掘り返したりして餌を探す姿をよく見ます。かつて違法のカスミ網でたくさんのツグミたちが犠牲になりました。こうした歴史を経て、今のツグミたちがいますが、今年も秋には元気に戻ってきてほしいと願っています。
    確認鳥種:ヨシガモ・マガモ・カルガモ・コガモ・カイツブリ・カンムリカイツブリ・キジバト・カワウ・アオサギ・ダイサギ・バン・オオバン・イソシギ・ミサゴ・トビ・コゲラ・アオゲラ・ハシボソガラス・ヤマガラ・シジュウカラ・ツバメ・ヒヨドリ・シロハラ・ツグミ・イソヒヨドリ・スズメ・セグロセキレイ・カワラヒワ・アオジ
  • 研究所の活動
     良く晴れた春の日、里山里海湖研究所の相談員が薪割りを行いました。
     研究所では冬の間、薪ストーブで暖をとっています。
     伐採されたばかりの木は大量の水分を含んでいて、そのままストーブにくべると火がつきにくかったり、煙突が詰まる原因になったりします。
     そこで、早い時期から使用に適した大きさの薪にして、乾燥させておく必要があるのです。
     斧を使って薪を割る方法もありますが、今回は薪割り機を使いました。
      
     玉切りにしたスギを薪割り機に投入です!みるみる割れていきます。
     IMG_5279.JPG
      
     何回か繰り返すと、ちょうどよいサイズの薪になります。
     IMG_5284.JPG IMG_5289.JPG

     たくさんの薪が出来上がりました。
     IMG_5327.JPG

     使用した薪割り機は、里山の保全・再生活動に取り組んでいる方に無料で貸出しをしています。
     ぜひご利用ください!
     http://satoyama.pref.fukui.lg.jp/support/archives/18
     






     
  •  4月18日(水)、北寄りの風で気温はやや低めですが、次第に青空が広がってきました。新緑が野山を美しくしています。
     
    IMG_オニグルミ.jpg IMG_0763.jpg
       オニグルミの若葉/4月11日    → → → →     4月18日
     1週間前と比べると、折りたたまれていた若葉を広げ、伸長させていることが分かります。    
          
    IMG_0765.jpg IMG_0762.jpg
        三方湖畔、オニグルミの群落           芦が青々としてきました。

       IMG_0761.jpg  IMG_0767.jpg 
        シモツケの一種のようです。       さとけん入口近くのケヤキ

    IMG_0768.jpg IMG_0773.jpg
     夏の完工に向けて建設工事が進む年縞博物館。カフェができます。

    IMG_0772.jpg
        こちらは研究棟。建物周辺も日に日に整っていきます。
     
              
  •  4月11日(水)、気温はやや高めの曇り空です。三方湖の岸辺の植物が、緑を少しずつ増しています。 
    IMG_オニグルミ.jpg IMG_何の花?.jpg
     オニグルミの若葉(広がってきました)     ハマダイコン(ダイコンが野生化したもの)

        IMG_アオサギ.jpg  
     船揚げ場では、午前中からアオサギが姿を見せました。午後にもやってきて、小魚を次々と捕食していました。首を長く伸ばしたり、低く構えたりしながら、生きていくための真剣勝負という感じで狙いを定める姿は、心を打つところがあります。
    IMG_博物館左.jpgIMG_0667.jpg
     夏の完工に向けて建設工事が進む年縞博物館。部分的に足場が取り外されているところも見られます。外観はほぼ整ってきました。

     
              
  • 三方湖の野鳥
    3B2A6814.JPG

    2018年4月4日 カンムリカイツブリの夏羽個体

    三方五湖で冬を過ごしたカモは5月の連休が過ぎるころにはほとんどが繁殖地に帰ります。
    このカンムリカイツブリは、黒い冠羽と橙赤色の頬の飾り羽が目立つ夏羽に変わっています。
    福井県では近年嶺北で繁殖が確認されました。三方五湖ではどうなるか楽しみです。
    確認鳥種:マガモ・カルガモ・コガモ・カイツブリ・カンムリカイツブリ・アオサギ・ダイサギ・オオバン・トビ・コゲラ・モズ・ハシボソガラス・ヤマガラ・シジュウカラ・ツバメ・ヒヨドリ・エナガ・シロハラ・イソヒヨドリ・スズメ・オオジュリン

  •  新年度を迎えました。老いも若きもフレッシュな気分のここ数日。さとけんの周囲も日一日と景色が変わっていきます。
    IMG_0516.jpg IMG_カツラ.jpg
        カツラの若葉:3月29日    →  5日後の4月3日:緑が広がっていきます
    IMG_新緑の芦.jpg IMG_コブシ.jpg
     枯れていた芦原も新しい茎・葉が伸び出しました。コブシの花も青空に白が鮮やか。
    IMG_湖岸の若葉.jpg IMG_アジサイ.jpg
       オニグルミの新芽・若葉        手前はアジサイ、奥はサクラ
    IMG_タンポポ.jpg IMG_カモ群れ.jpg
          セイヨウタンポポ            飛び立つカモたち
     3月下旬から4月上旬の陽気は、初夏が一足飛びにやって来たかと思うほどでした。生き物たちもそれに合わせて生長のスピードを速めているような感じがします。

     最後に年縞博物館の外観フォトです。展示棟と研究棟、夏の完成をめざして工事が進みます。工事にかかわる皆さん今日もご安全に!
    IMG_展示棟.jpg IMG_研究棟.jpg


              
     
              
  •  3月29日(木)です。ここ数日で春を通り越すような陽気になりました。周りの花木や鳥たちも戸惑っているのではないかと思うくらいの気温です。山桜にソメイヨシノ、ツクシ・アジサイ・カツラの木、ヒメオドリコソウ・・・・・と、いっせいに活動を始めたような春になりました。
    IMG_0461.jpg IMG_0516.jpg
         アジサイ                        カツラの木
    IMG_0517.jpg IMG_0519.jpg
         カツラの若葉                   山桜(いろいろ)
    IMG_0520.jpg IMG_ヒメオドリコソウ.jpg
              ツクシ                   ヒメオドリコソウ
     IMG_0464.jpg IMG_0468.jpg
            オオバン                  アオサギ

     3月から4月と、年度も変わります。希望にあふれる4月が始まりますね。

              
  • 三方湖の野鳥
    3B2A6783.JPG

    2018.3.26 イソヒヨドリのさえずり
     天気の良い日が続き、建物の屋上や屋根の上でイソヒヨドリがさえずり始めました。名前は「イソ」ヒヨドリですが、
    内陸に入り込んで生息しています。みなさんのお住いのところににも、このブルーと赤錆色の美しい鳥がすんでいるかもしれません。
    確認鳥種:オナガガモ・マガモ・カルガモ・コガモ・カイツブリ・カンムリカイツブリ・ハジロカイツブリ・カワウ・アオサギ・オオバン・トビ・モズ・ハシボソガラス・シジュウカラ・ヤマガラ・ヒヨドリ・ツグミ・ジョウビタキ・イソヒヨドリ・スズメ
     


     

     
  •  3月15日(木)、全国的に春の陽気となりました。さとけんの周囲も春らしい景色に彩られています。
    IMG_0400.jpg  IMG_0427.jpg 
        はす川の河口付近                   タンポポの花

    IMG_0429.jpg  IMG_0431.jpg
        ソメイヨシノの花芽                   コブシの花芽

    IMG_0401.jpg  IMG_0404.jpg
        建設進む「年縞博物館」     3月24日オープン予定の三方五湖スマートインター    

     進学、就職など新生活を始める人たちにとって、希望あふれる「春」の訪れですね。今年のソメイヨシノの開花はいつごろになるでしょうか?
     




     

              

福井県里山里海湖研究所

福井県里山里海湖研究所

〒919-1331 福井県三方上中郡若狭町鳥浜122-12-1

電話:0770-45-3580(受付:8時30分~17時15分[土日祝・年末年始を除く])

FAX:0770-45-3680 Mail:satoyama@pref.fukui.lg.jp

このページの先頭へ

Copyright ©2015 - 2019 Fukui Prefectural Satoyama-Satoumi Research Institute. all rights reserved.