福井県里山里海湖研究所

文字サイズ: 小 中 大  
里山里海湖研究所の所員が、日々体験したこと、感じたことを綴っていくブログです。
  • IMG_2372.JPG  IMG_2376.JPG 
    今日は9月27日、もうすぐ10月です。秋も本格的になってきました。
    三方湖の上空にも秋のいわし雲・・・(やや形はくずれかけていますが)
    アキアカネも見られるようになってきました。

    湖一面に繁茂していたヒシも、ここ数日で秋枯れが進み、静かに沈んでいきます。
    湖面の青色が戻りつつあります。

    IMG_2371.JPG  IMG_2379.JPG
        【湖面が開けてきました】          【わずかになって漂うヒシです】



     そして、生き物は・・・・・・

    IMG_2390.JPG  
    FullSizeRender.jpg
    今年卵からかえったウシガエル。        目にするのが珍しいヨウジウオ。
    体長5~6㎝で、まだ可愛らしいです。     地元の方に見せていただきました。
    今何十匹と跳ね回っています。          とにかく細長い!
                              <頭部だけの写真ですが、全長13~14
    ㎝>

    秋本番。さとけん日記をご覧になった皆さんも、身近な秋を見つけてください。


      


     
  • IMG_2274.JPG 
    9月17~18日にかけて台風18号が本県を通過していきました。本県では幸い大きな被害はなかったようです。

    19日、三方湖に注ぐはす川河口は、1日を経てかなり濁りが少なくなっていました。
    IMG_2275.JPG 
    その河口付近では、左岸にヒシの群生が見られました


    IMG_2266.JPG
     
     三方湖はすっかり濁ってしまいました。湖面に広がっていたヒシも強風にかき乱されたようです。


     一方三方湖の北に位置する水月湖は、様子が異なりました。
    IMG_2277.JPG
    青空の色をそのまま映してとても美しいです。水月湖の環境がどれほど素晴らしいかを改めて感じました。

     
  •  三方湖はヒシがよく育つ環境になっています。
    初夏から夏にかけてよく成長し、湖面を緑の葉が覆い尽くしてしまいます。

     しかし、秋になって葉も茶色くなり、新しいヒシの実が見られるものが増えて
    きました。実りの秋を迎えつつあります。
    IMG_2210.JPG  IMG_2211.JPG

     一方、地元の漁師さんが仕掛けておいた籠を引き上げると、なんと天然ウナギが
    一匹混じっていました。これを見た途端に、思わずニコニコ顔になってしまいました。
    サイズはまだ小さいので放してやりましたが、三方湖のウナギ今だ健在です。
    IMG_2213.JPG  IMG_2214.JPG

     これからの秋の深まりもさとけん日記に記していきたいと思います。
    以下は、秋の風物からいくつかアップします。

    IMG_2101.JPG  IMG_2102.JPG

    IMG_2175.JPG  IMG_2176.JPG ハギの花

    IMG_2206.JPG  IMG_2209.JPG
      ツマグロヒョウモンの雄と雌

     
  • 9月になって朝晩涼しくなりました。
    身の周りにも「小さい秋」が見つけられます。
    三方湖畔の「小さい秋」を少し紹介します。

    IMG_2078.JPG  IMG_2079.JPG 
    「青年の家」の周りの木々にも色づいたものが見られるようになりました。

    IMG_2080.JPG  IMG_2082.JPG
    三方湖のヒシは日ごとに緑から茶色に色を変えています。 クリの実は秋色そのもの。
    サルもときどきやってきています。

    IMG_2081.JPG 道の駅の駐車場でも小さな秋が・・・。

    これをご覧になった方も、身近なところで見つけた秋をぜひお知らせください。



     
  • 三方湖の野鳥
    20170906三方湖ヨシガモecrips.JPG

    9月6日 ヨシガモのエクリプス個体

    カモのオスは、今の時期メスの羽の色とよく似た羽の色になります。これを「エクリプス」と呼びます。
    和名通り、ヨシの根元付近でゆったりとエサを探しているヨシガモのエクリプスを見つけました。
    晩秋になると、まるで「ナポレオンの帽子」みたいな形の緑色の頭になります。

    確認鳥種:ヨシガモ・マガモ・カルガモ・コガモ・ホシハジロ・キンクロハジロ・カイツブリ・カワウ・ゴイサギ・アマサギ・ダイサギ・チュウサギ・コサギ・イソシギ・バン・オオバン・セグロセキレイ・ミサゴ・トビ・カワセミ・ハシボソガラス・ヤマガラ・ツバメ・ヒヨドリ・オオヨシキリ・イソヒヨドリ・スズメ

  • 三方湖の野鳥
    3B2A5367.JPG

    8月28日 カワセミ幼鳥
     湖面を覆い尽くすヒシの葉はどんどん褐色になってきました。竹竿の上にカワセミが止まり、時々ダイビングして小魚を狙っています。胸から腹の色を見ると、淡い褐色で幼鳥です。カワセミが営巣できる土手が少ない現在、湖周辺のどこかで生まれ育った貴重な個体です。
     
    確認鳥種:マガモ・カルガモ・オカヨシガモ・ホシハジロ・キンクロハジロ・カンムリカイツブリ・カイツブリ・カワウ・ゴイサギ・アマサギ・ダイサギ・チュウサギ・コサギ・イソシギ・バン・オオバン・セグロセキレイ・ミサゴ・トビ・カワセミ・ハシボソガラス・メジロ・ツバメ・ヒヨドリ・オオヨシキリ・イソヒヨドリ・スズメ

  • 三方湖の野鳥
    3B2A5319.JPG

    8月20日 ヒシの上を飛ぶダイサギ
     湖はヒシで覆いつくされています。先日の台風5号の大雨で上流から流れてきた木材が多数ヒシの間に浮かんでいます。そこを足場にしてダイサギ・チュウサギ・コサギ(非常に少ない)・アマサギなどが魚を狙っています。夕方になると200羽近くのサギ類が鰣川河口に塒(ねぐら)を求めて集まってきます。
    確認鳥種:マガモ・カルガモ・コガモ・ホシハジロ・キンクロハジロ・カンムリカイツブリ・カイツブリ・カワウ・ゴイサギ・アマサギ・ダイサギ・チュウサギ・コサギ・イソシギ・バン・オオバン・セグロセキレイ・ミサゴ・トビ・ハヤブサ・ハシボソガラス・シジュウカラ・ツバメ・ヒヨドリ・オオヨシキリ・イソヒヨドリ・スズメ


     
  • 三方湖の野鳥
    3B2A5220.JPG

    8月10日 ミサゴ
     湖上空にタカの1種のミサゴがあらわれました。水面上空で停飛(ていひ:ホバリング)しています。その後、急降下して魚をつかみます。
    三方五湖の生態系の頂点に位置する生き物です。
    確認鳥種:キジバト・マガモ・カルガモ・カイツブリ・カワウ・ゴイサギ・アマサギ・ダイサギ・チュウサギ・コサギ・イソシギ・バン・オオバン・セグロセキレイ・ミサゴ・トビ・ハシボソガラス・シジュウカラ・ツバメ・ヒヨドリ・オオヨシキリ・イソヒヨドリ・スズメ

  • 8月7~8日にかけて、台風5号が福井県をかすめていきました。

    台風が去った後の三方湖と水月湖です。
    IMG_1710.JPG  IMG_1788.JPG
        【三方湖】                   【水月湖】
     はす川が運んだ泥や流木などで      水かさは増したものの、目に見え
     ずいぶん濁りました。             るようなよごれはありません。

    夜はかなりの暴風雨でした。湖畔の生き物たちはどうしていたのでしょう?
    ちょっと気になったので、歩いてみました。すると、・・・・・

    IMG_1744.JPG IMG_1750.JPG IMG_1745.JPG 
        オオイトトンボ          ヒナバッタ(たぶん)           アブラゼミ

    IMG_1753.JPG IMG_1787.JPG 
           ベニシジミ            ↑湖面に小さく見えるツバメですが、
                                                                         たくさん飛び交っていました。


    小さな生き物たちがいつものように姿を見せました。何もなかったかのように・・・。
    彼らは暴風雨の中でどうしていたのでしょう? その強さに感心するとともに、生き抜く術を知りたくなりました。



                   
          
                          
     
  • 8月2日(水)、今日も朝から太陽が照りつけています。

    セミの声も盛んなので、セミの抜け殻探しをしてみました。
    「三方青年の家」近くのサクラやスギの木あたりです。
    注意してみていると、おおっ、あったあったぞ、セミの抜け殻が。

    全部で12匹分をゲット。
    でもアブラゼミばかり。????ほかのセミはどこで羽化しているのかな。
    IMG_1636.JPG

    うれしいことに、偶然トンボの抜け殻もありました。
    IMG_1627.JPG  IMG_1628.JPG
    多分たくさん飛んでいるイトトンボの仲間ではないかと思います。


    ついでではありますが、アオサギが姿を見せたので、その姿も記録しておきます。
    IMG_1647.JPG
                   
          
                          
     

福井県里山里海湖研究所

福井県里山里海湖研究所

〒919-1331 福井県三方上中郡若狭町鳥浜122-12-1

電話:0770-45-3580(受付:8時30分~17時15分[土日祝・年末年始を除く])

FAX:0770-45-3680 Mail:satoyama@pref.fukui.lg.jp

このページの先頭へ

Copyright ©2015 - 2019 Fukui Prefectural Satoyama-Satoumi Research Institute. all rights reserved.