福井県里山里海湖研究所

文字サイズ: 小 中 大  
2019年10月
  •   10月半ばを過ぎました。相次ぐ台風・大雨で各地で大きな被害が出ています。被災地の皆さんには心からお見舞い申し上げます。
     
     さて、三方湖近辺の自然に目を向けてみると・・・
     この頃は徐々に晴天の日が少なくなり、朝夕めっきり冷えこむ日も増えてきましたが、穏やかに晴れた日には、アキアカネやナツアカネなど、まだ目にすることができます。
    6213.jpg 6211.jpg
        アキアカネ               ナツアカネ(朱色が目立つ) 


     三方湖は湖面の様子がすっかり変わりました。今月初めまではヒシで覆われているところが多かったのですが、この10日ほどでヒシはすっかり枯れて沈んでしまい、湖面全体に空の色を映すようになりました。そして、北から渡ってくる野鳥が少しずつ増えつつあります。
    6209.jpg 6208.jpg 
     湖面のヒシが消えた三方湖           渡り鳥のカルガモ

     陸の上では、シジミチョウやヒョウモンチョウ、モンシロチョウなど、数は少ないものの羽ばたきを見せています。暑い季節が長くなった分、どうも秋と呼べる季節が短くなりつつあるようです。
    6212.jpg 6210.jpg
      シジミチョウ                ヒョウモンチョウ

     これから紅葉のシーズンですが、6214.jpg
    三方湖の周りはまだ木々が少し色づき始めたところです。やがて渡り鳥が増えるにつれて秋色も変わっていくことでしょう。
     
     

     

     

     


福井県里山里海湖研究所

福井県里山里海湖研究所

〒919-1331 福井県三方上中郡若狭町鳥浜122-12-1

電話:0770-45-3580(受付:8時30分~17時15分[土日祝・年末年始を除く])

FAX:0770-45-3680 Mail:satoyama@pref.fukui.lg.jp

このページの先頭へ

Copyright ©2015 - 2020 Fukui Prefectural Satoyama-Satoumi Research Institute. all rights reserved.