福井県里山里海湖研究所

文字サイズ: 小 中 大  
2017年02月
  • 三方湖の野鳥
    3B2A3966 - コピー.JPG
    2017年2月28日 刈り取られたヨシ帯で休むマガモ・カルガモ・コガモ
    オジロワシは2~3年目若鳥の個体は昨日2月27日まで確認されています。
    今日は出現しませんでした。
    北帰したのかもしれません。
    この冬は12月18日に成鳥1個体が到着し、若鳥1個体が12月24日に
    到着し、約2か月の間三方五湖で冬を過ごしました。
    餌となる中型~大型の魚類が確保できているからこそです。
    たくさんの団体が三方五湖の自然再生に向け取り組みを進めてきたことの
    結果とも言えるのではないでしょうか。
     出現種:オシドリ・ヨシガモ・ヒドリガモ・マガモ・カルガモ・
    ハシビロガモ・オナガガモ・コガモ・ホシハジロ・キンクロハジロ・
    ホオジロガモ・ミコアイサ・カイツブリ・カンムリカイツブリ・カワウ・
    アオサギ・オオバン・オオセグロカモメ・セグロカモメ・カモメ・ミサゴ・
    トビ・ノスリ・コゲラ・ハヤブサ・モズ・ハシボソガラス・ハシブトガラス・
    シジュウカラ・ヤマガラ・ヒヨドリ・エナガ・ジョウビタキ・イソヒヨドリ・
    シロハラ・ツグミ・スズメ・セグロセキレイ・シメ・ホオジロ・アオジ
    (冬水田んぼ)オオハクチョウ1・コハクチョウ20
  • その他

    田んぼのハクチョウはまだ若狭町を離れずに残っています。コハクチョウの群れに混じっていたオオハクチョウはそのままずっと行動を共にしていたようです。
    20日頃までは19羽だったのですが、25日に確認したところ21羽に増えていました。移動中の群れが合流したのでしょうか。コハクチョウとオオハクチョウの違いは頭の部分から嘴にかけての黄色い部分の大きさです。写真で比べてみてください。

    CIMG9790.JPG
    コハクチョウ(嘴の先にかけての黄色い部分が短い)
    kohakucho.JPG

    オオハクチョウ(嘴の先にかけての黄色い部分が長い)
    oohakucho.JPG

    群れの中に1羽だけオオハクチョウが混じっているので、探してみてください。
    観察するときにはあまり近寄りすぎてハクチョウ達に迷惑にならないようにしてあげてくださいね。車から観察するときには車から降りないで観察したほうがいいと思います。
     

  • その他
    現在、福井県嶺南地方に大雪警報が発令されています。
    研究所がある若狭町でも、10時ころから激しく降り始め、現在三方湖に面したテラスで測定するとおよそ25cmほどの積雪があります。
    20170210-03.jpg
    研究所へ入るための階段も、今日だけで2回の雪かきを行いました。現在は、研究所が隣接する道の駅三方五湖の駐車場を除雪車が除雪しています。
    20170210-01.jpg
    週末にかけて、まだまだ警戒が必要です。
     
  • 三方湖の野鳥
    3B2A3783.JPG
    2月9日 アオジ ヨシ原からツィ、ツィと鳴き声がして、飛び出して来ました。
    黄緑色のおなかの冬鳥です。今日も遠くの稜線でオジロワシの飛ぶ姿を
    見ることができました。
     出現種:ヨシガモ・ヒドリガモ・マガモ・カルガモ・ハシビロガモ・
    オナガガモ・トモエガモ・コガモ・ホシハジロ・キンクロハジロ・
    ホオジロガモ・カワアイサ・カイツブリ・カンムリカイツブリ・
    ハジロカイツブリ・カワウ・アオサギ・ダイサギ・オオバン・カモメ・
    セグロカモメ・ミサゴ・トビ・オジロワシ・ノスリ・コゲラ・ハヤブサ・
    ハシボソガラス・シジュウカラ・ヒヨドリ・シロハラ・ツグミ・
    イソヒヨドリ・カワラヒワ・アオジ

福井県里山里海湖研究所

福井県里山里海湖研究所

〒919-1331 福井県三方上中郡若狭町鳥浜122-31-1

電話:0770-45-3580(受付:8時30分~17時15分[年末年始を除く])

FAX:0770-45-3680 Mail:satoyama@pref.fukui.lg.jp

このページの先頭へ

Copyright ©2015 - 2018 Fukui Prefectural Satoyama-Satoumi Research Institute. all rights reserved.