福井県里山里海湖研究所

文字サイズ: 小 中 大  
展示・体験
  • 展示・体験
    夏休みに入り約1週間、研究所には多くのお客様にお越しいただいております。
    関西や中京方面から三方五湖に観光に来られたお客様が多いようです。

    7月26日(日)はなんと!36℃の猛暑日になりました。
    こんな暑い夏に、今年も若狭の海・湖に多くの観光客がいらっしゃっております。

    研究所では無料体験できる「里の恵み工作体験」が大人気です。
    子ども達だけでなく、お父さんお母さんも工作体験に夢中になりますよ。
    夏の思い出に、旅の思い出に、
    親子で一緒に世界に1つしかない「松ぼっくりアート」「どんぐりアート」を作りませんか?
    DSC_0005.JPGDSC_0006.JPG
     
  • 展示・体験
    1022donnguriato1.jpg 1022donnguriato2.jpg
    1022donnguriato3.jpg 1022donnguriato4.jpg
     
     三方湖に広がっていたヒシもすっかり姿を消し、元の湖面が戻ってきました。水鳥たちも気持ち良さそうにスイスイと泳いでいます。
     どんぐりの実をたくさん集めてきましたよ。どんぐり三兄弟にも仲間がどんどん増えてきています。お子様を連れて、是非作りに来てください。お待ちしています。
  • 展示・体験
    0831honndana1.jpg 0831honndana2.jpg
     
    学びの森の檜を利用して本棚を作りました。香りと温もりが最高です。
  • 展示・体験
    0731taketana1.jpg 0731taketana2.jpg

     福井ふるさと学びの森の竹を利用して、手作りの棚を作りました。作った棚は、研究所に入ったところに設置して、パンフレット置きとして使っています。研究所へお越しの際は、パンフレットもさることながら、ぜひ棚もご覧下さい!
  • 展示・体験
    0508mikatasyoutaue1.jpg
    コイやフナ、稲などを観察するゆりかご田です
    0508mikatasyoutaue2.jpg
    田植え枠を転がして稲の苗を植える目印をつけました
    0508mikatasyoutaue3.jpg
    下級生がが上級生に教わりながら田植えをしました
    0508mikatasyoutaue4.jpg
    シュロの繊維についた卵を水路に置きました
     
    ※7月には大きく育ったフナやコイを三方湖に放流します
  • 展示・体験
    0502takezaiku1.jpg
     バッタたちによるオーケストラが奏でる音楽の世界
    0502takezaiku2.jpg
           親 子 飛 龍
    0502takezaiku3.jpg
             花  器
    0502takezaiku4.jpg
          餅 を つ く 蜂
     
     廣野氏 プロフィール(福井県高浜町在住)
    ・林野庁、文部科学省選定 森の名手、名人
    ・福井県認定 村の達人
     昭和11年高浜町に生まれ、仕事の傍ら竹細工を作ってこられました。現在は、「竹竹クラブ」の一員として竹林の整備や子供たちを対象にした「竹細工」の指導に当たっておられます。
     5月4日(日)15:00~、廣野氏を招いて竹細工を指導していただきます。どなたでも参加できます。ふるってご参加ください。
     
  • 展示・体験
    0414kenkyusyo1.jpg 0414kenkyusyo2.jpg
    0414kenkyusyo3.jpg 0414kenkyusyo4.jpg

     研究所内で、工作(ドリームキャッチャー・竹とんぼなど)や野鳥観察をして楽しんでおられました。
     これから、大変良い季節を迎えます。景色の良い三方五湖湖畔に是非お越しください。
  • 展示・体験
    0218yatyou.jpg
    カルガモが日向ぼっこしています。



     
     
    カルガモやマガモ、カワウ、オオバンなどをよく見かけます。ぜひ研究所においでください。
  • 展示・体験
     研究所内に薪ストーブを設置しました。
     里山の保全・再生活動を実施していくには、間伐や枝打ち、雑木の伐採といった管理が必要となります。それら管理作業によって生じる木や枝を、木材として有効利用する手段の一つとして考えられるのが薪ストーブでの利用です。次世代につながる持続可能な里山の保全・再生・活用を目指すという考えのもと研究所に導入した薪ストーブ、その名も‥『料理君』(笑)です。福井県内の会社で設計・製造されたこの薪ストーブ、薪で暖を取ると同時にお餅やピザを焼く機能も備えています。里地里山活動を進めていくためには、こういった楽しみの部分も大切です。
     この『料理君』、今後は里山保全活動や自然体験活動において生じる木材の有効利用や、薪ストーブを使った食体験などに活用していきたいと考えています。研究所では日常の暖房手段として薪ストーブを使いますので、興味がある方は気軽にお越しください。
     
    0105makisutobu.jpg
     

    薪ストーブの様子
    下がオーブンになっています。
    写真では隠れていますが、後ろに吸排気用の煙突があります。

  • 展示・体験

     研究所では、来所していただいたみなさんに里の材料を使って楽しんでいただけるよう、いくつかのアイテムを用意しています。
     これまでに以下のようなものを作ってみました。 どうぞお気軽にお来しください!

     <体験コーナー>では、「竹細工」や「どんぐりコマ」が作れます。

    0108kennkyuusyodeha1.jpg
    どんぐりごま
    0108kennkyuusyodeha2.jpg
    竹とんぼ
    0108kennkyuusyodeha3.jpg
    箸とスプーン
     
    0108kennkyuusyodeha4.jpg
    地元若狭町の美味しいお茶です。是非一度味わってください。
     

     

福井県里山里海湖研究所

福井県里山里海湖研究所

〒919-1331 福井県三方上中郡若狭町鳥浜122-12-1

電話:0770-45-3580(受付:8時30分~17時15分[土日祝・年末年始を除く])

FAX:0770-45-3680 Mail:satoyama@pref.fukui.lg.jp

このページの先頭へ

Copyright ©2015 - 2019 Fukui Prefectural Satoyama-Satoumi Research Institute. all rights reserved.